腰痛・股関節痛の本当の原因

2019.3.8 (金)

 

旭接骨院院長の伊藤です。

 

今回は腰痛の原因は右足関節捻挫が原因だったという患者様の例です。

 

2月下旬に長時間の正座の後、立とうとしましたが足がしびれ右足関節を

捻挫してしまいました。

足関節の痛みは軽減しそのまま休日にウオーキングした際に腰と左股関節を痛めた

ということで来院されました。

右足関節の痛みはほとんど気にならないとのこと。

この状況なら即、腰と左股関節の施術に入るところですが・・・

 

足圧を測定しました。

IMG_0998.jpg

右足前足部の圧が弱く後足部に最も圧がかかっています。

 

また、左側は後足部よりも前足部にあつがかかっています。

 

典型的なパターンでは

前足部圧は膝・股関節・肩関節に

後足部圧は腰・背中・首に痛みやコリが現れます。

 

以上のことから腰痛と左股関節の痛みは例外ではありません。

 

しかし、右前足部に圧がかけられないというのは足関節の捻挫によって

無意識にかばっていることが想定できます。

 

腰と股関節に関節包内矯正を施し痛みを除去し右の足関節には

キネシオテーピングで歩行を安定させて施術終了としました。

 

足圧を観察することで痛みの原因が見えてきます。

なかなか治らない痛みももしかしたらバランスの崩れが原因かも?